読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メンズアラフォーのライブログ

バンドライブの参戦記録です。これからライブに行かれる方の参考になればと思い作りました。

3.25 SiM札幌レポート

今回は仕事の都合で行けない予定でしたが


何とか行きました!


北見発13時20分のバスで


17時55分に時計台前着です


ライブは18時開始なのでちょっと遅れますが


気にしてられません



バスターミナルのロッカーに全てを預け


SKタクシーのアプリで配車を依頼し


タクシーで直行です


タクシー代は¥910でした


タクシーの運転手さんに「キープザチェンジ」と言い放ち


ゼップの門を開けました


紙くずになるはずのチケットがもがれ


ホッとしました



現場では1曲目の途中で


自分の中では間に合ったと判断しましたが


ポジションが取れず、真ん中止まりでした



今回のライブで北海道ツアーで北見に来る発表があり


帰りのフライヤーに申し込みのQRをゲットしました


頑張って行った甲斐がありました


もちろんチケットゲットです


ライブ後の物販はほとんど売り切れだったので


余った予算がこのチケット代になりました


買えなかった物販は北見で買うことにします


昨日は札幌で10-FEETのライブだったんですね

今回私は行ってません


気になるのでTwitterをチェックしてみると


IDチェックをしていたんですね



IDチェックについて調べてみると


スマホの電子チケットは


発券後の機種変や故障をすると


面倒くさいようです


だから「開場前の発券はご遠慮ください」のように謳ってるんですね



チケットの厳格化には賛否がありますが


世の中って悪い事する人に合わせなければならないのが残念です


おいっチケット保険て何だよ

25日の札幌のSiMが行けないのを


先日のWANIMAの満足感でもみ消そうとしてます


チケットは誰かにあげても良いのですが


どうせ転売されるので


このまま持っていようと思います



今日、違うライブの当選通知を見たとき


チケット保険というのを見ました


もちろん25日のチケットは手遅れですが


知っていればかけておけばよかったと思います


失敗から色々学びました



ちなみに、チケット代¥5000で保険料¥560?くらいです


今後利用してみたいと思います

はじめての電子チケット

今回のゼップ札幌のWANIMAライブは


tixeeboxの電子チケットでした


入場直前に急にパスワードを求められたりするのでは、とか


画面上の帯がオレンジ色にならなかったらどうしよう、とか


紙チケットとは違う不安がありました


周りを見ると、モバイルバッテリーに繋ぎっぱなしの人をよく見かけました




ライブ前、2月24日の発券日になると


メールが来て無事発券できましたが


何かの誤作動でもぎってしまいそうで


ライブまでは子供にスマホを触らせませんでした



やっぱりライブではスマホは持ち込みたくはないですね


あと、身分証明も。


実際、免許証を失くした人が


落し物コーナーで受け取っている人を見ました


3.4 WANIMA 札幌レポート2

今回の物販行列


ゼップの横の川まで並んでいたようです


早々に物販を済ませて入場の準備に戻っても並んでいました


しかも、途中で行列を切られてました



入場行列を待ち、ナントカ会員が非会員の私はいきなり川の方に行くことに


非会員の時点で負け組だということを知りました


しかし、あっさりと前の方に行けました


やっぱり暴れるゾーンは空いてます



ライブ後の物販は


対バンのモン8の物販もしていました


WANIMAの物販は速攻で終了していました


やっぱり気合い入れて並ばないとダメなんですね



ライブ自体はサービス精神が伝わってきて


良いライブでした


私自身、舌もこえてきて


去年の違うアーティストのライブはダメなライブだったなと


振り返ってしまいました


それだけ違いを見せられたライブでした

3.4 WANIMA 札幌レポート

春めいて来たかと思いきや


やっぱり寒いです


今回の物販行列のために


この歳で使わないリュックを買ったりして準備しました


バスも前日の夜行便を手配し


朝6時着で挑む作戦です


こんな朝早くにすすきのを歩くのは初めてです


実際の現場は既に椅子があり


3番手位でした


とりあえず食事して戻ったら6人になってました


私も椅子を用意し


他の方々を見てみると


レジャーシートに毛布率が高かったです


ぼっち参戦としては話し相手がいないので


ラジコの日高晤郎ショーが役に立ちました


ピークは10時ごろでした


物販開始時間(13:30)の知らせと整列のしなおしで


体を動かした時に冷えが回ってきました


震えが止まらなくなってきたので


ホットワインを投入


かなり効果があったと思います


そして、これだけ長時間だとやっぱりトイレに行きたくなりました


私の周りでは


結構どこかに出かけてしばらく戻ってこない人もいたので


トイレに行きやすかったです


それからようやくグッツを買うことができ


物販開始が早いのともあり


ゆっくりライブの準備ができました


先頭の方の面倒見が良くて


良い雰囲気だったと思います

お〜、ゼップが増えるらしいですな〜

モノ消費からコト消費へ


北海道には関係なさそうですが


全国にゼップが増えるそうですよ


これから新設する施設には


物販用の売り場も作るそうで


羨ましい限りです



しかしハード面が良くても


ソフト面で課題は感じますね


接客のプロとして見てしまうと


突っ込みどころ満載です


客単価が2〜3万の商売ではないです




目的が違うので自分のスイッチは切りますが


接客レベルを上げるところにチャンスはあるな〜と


感じてしまいます